aster_ismの工作室

FPGAとかマイコンとか

ZYBO-Z7を用いたLチカ(Petalinux編)

ZYBO Z7(20) を買ったので、PetalinuxによるLinuxビルドを簡単なLチカを行う。 使用バージョンはVivado/SDK/Petalinux 2017.2

続きを読む

Windows用Vivado開発環境

毎回Vivadoの環境を構築するときに、どうだったかなぁと忘れてしまっているので個人向けのメモ。 概要としては、Surface Pro 4(Windows10)のHyper-V上のUbuntu 16.04に開発ツールをインストールする。

続きを読む

ARTY S7ゲット

リコンフィギュアブルシステム研究会に参加したところ、懇親会でDigilentのSpartan7ボード ARTY S7をじゃんけんでゲットしました。Digilentさん、Avnetさんありがとうございました。 頂いたのに、何もしないのは流石に失礼なので、簡単にLチカした記事書いておきます。 なお、懇親会でお酒をたくさん飲みましたので間違いがあるかもしれませんが、多めに見てください。

f:id:aster_ism:20170925205712j:plain

続きを読む

UARTを用いたZYNQとのファイル転送

会社で使用しているZYNQボード、使える通信手段がJTAGとUARTのみという悲しいもの。せめて、ethernetが使えれば簡単にファイル転送ができるのに……

ということで、UARTを使ってZYNQとデータのやり取りする方法について調べた覚書き。 なお、結論からいうと、Petalinux に入っている lrzsz を用いる。

続きを読む

Vivadoを使ったFlashメモリへの書き込み

開発環境はVivadoにほぼ移行したのに,未だにFlashへの書き込みはiMPACT(LabToolだけインストール)を使っているのが嫌になったので,すべてVivado上から行うための方法について調べた(覚え書).

参考としたのは,UG908 Vivado Design Suite ユーザーガイド プログラムおよびデバッグ *1

続きを読む

Vivado SimulatorによるDPI-Cシミュレーション

UG900 Vivado Logic Simulation*1 のAppendix E: Direct Programming Interface (DPI) in Vivado Simulatorを参考にC言語で書いたCSVファイルの読込み関数をAXI4 Lite のマスタIPで呼び出して,このCSVに従ってマスタが動作するようにします.

続きを読む

FlashAir使った非同期転送テスト

FlashAirがGPIOとして使えるらしいという話は聞いていたが,まったく弄ってなかったので先週のFPGAエクストリーム・コンピューティング第6回に外れた悲しさからブラウザ上からBASYS3の7セグに文字を表示するサンプルを作ってみることにした.

続きを読む