aster_ismの工作室

FPGAとかマイコンとか

Vivado IPI で Add moduleしたときのインターフェースパラメータの伝搬

Vivado IPI は、「Add Module」を行うことで簡単にモジュールのインスタンスを追加できます。特にAXI関係はポート名から自動的にインターフェースを推論してくれるため非常に便利です。しかし、Vivado 2018.2では、その他のインターフェースは、インスタンスのパラメータがインターフェースに正しく設定されず、意図したハードウェアにならないのでValidate Design用のTclスクリプトを書いた。

続きを読む

ZYBO Z7-20 のpreset.xmlの修正

現状のdigilentが配布しているボードファイルは下記のようにENET0の設定が間違えている。

githubのレポジトリを見たら2018/2/9に修正されました。 下記変更は必要ありません。

よくよく見たらgithubのレポジトリの修正が間違えているためpresetが正しく反映されない(2018/2/14)。

aster-ism.hatenablog.com 毎回修正するのも面倒くさいので、ボードファイルを修正しておくことにする。

続きを読む

ZYBO-Z7を用いたLチカ(Ubuntu16.04編)

前回Petalinuxを使ってLチカをしました。 aster-ism.hatenablog.com PetaLinuxはopencvとか色々ビルドすることはできますが、やっぱりapt-get等で簡単にインストールしたいので、ubuntuを起動して基本的に前回の PetalinuxによるLチカと同じことをやります。

続きを読む

スイーツキャッスルを作る

この記事は プリキュアアドベントカレンダー (https://adventar.org/calendars/2118) 12/17の記事です。

今年のキラキラ☆プリキュアアラモード良いですね。今年も妻と楽しく見ています(映画も一緒に行きました)。
さて、物語も終盤となりお着替えアイテムスイーツキャッスルが登場しました。
ということで、キラキラ☆プリキュアアラモード|ストーリー|第40話 レッツ・ラ・おきがえ!スイーツキャッスルできあがり!|朝日放送テレビ を参考にスイーツキャッスルを作ってみましょう。

なお、公式レシピのままで作ると流石に妻と2人では多すぎて食べれなくなりそうだったので、型や分量は半分で作りました。

1. 型紙の印刷

1/2サイズで作るので、土台はA4に印刷、屋根や壁はA4に2ページ印刷することで対応します。
(プリンタがないので近くのファミマでネットワークプリントサービスを使用、A5というのには対応していなかった)


2. 材料の買出し

基本的にこのためだけに食用色素や強力粉を買うといったことはしたくなかったので、近所のイオンで手に入るもので簡単に済ませました。
具体的には

  • クッキーミックス 200g x 2
  • 無塩バター 150g
  • 粉砂糖 200g
  • 卵 4つ
  • チョコ、アイシングデコペン(赤、青、黄、紫)
  • 板チョコ(家にあったやつ)

ー 麦ふぁ〜

  • マシュマロ
  • マーブルチョコ

を購入しました。
(なお、バターの量が規定より少なかったので、上手く最初にまとまらず、妻はちゃんと分量通りじゃないからだ!と泣く)
また、最終的に分量的に接続用アイシングは半分以上、クッキー生地も直径3cmで10枚程度分あまりましたので、
上記分量は多いです。デコレーション用のアイシングは別途購入したという点も余った原因だと思います。

3. クッキーを作る


まずは無塩バターを常温で…と時間がかかるので、レンジで良い感じになるまで加熱して、手順通りにクッキーの生地を作ります。

バターを柔らかくなるまで混ぜて、卵黄、クッキーミックスを投入して混ぜます。

ラップに挟んでめん棒で伸ばします。

予め印刷していた型で形を切り取ります。

今回ナイフで切りましたが、ちゃんとスケッパーとかで切った方がいいです。
後でも出てきますが、がたつきます。

焼き上がるとこんな感じです。すでにガタガタ感が…

しばらく冷やします。(この間、妻は疲れて寝ました)


4. アイシング・チョコペンでデコる

公式ではマカロンを準備することになっていますが、面倒なので他のアニマルスイーツ同様にデコってマカロン風クッキーで代用。

まずはアイシングを作ります。卵白と粉砂糖を混ぜる。

屋根を白くします。

買ってきた色つきのペンでアニマルスイーツっぽいクッキーと星をデコる。
ブリンのカラメル部分は板チョコを溶かして代用(茶色のアイシング買ってないので)

http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure/recipe/recipe40.php こっちのレシピの22番目の工程。
写真は白なのに説明が黄色という罠。完成型(35番目の工程)を確認していて、2人で「黄色星なんてあったっけ?」となる。
慌てて黄色に塗り直す妻。皆さんも作るときはちゃんとレシピを読みましょう。


5. 組み立て



クッキーが歪んでまっすぐならない…アイシングで間を上手く保管しながら無理矢理形を作る!

6. 更にデコる


カスタード

カロン

ジェラート



ショコラ

更に反対側に星、門柱、をつけて完成!

所感

作業は私と妻とでやって大体6時間ほど、特に途中でアイシングを行うと乾くまで待つのが時間がかかるのが難点。
また、屋根の部分はクッキーがちゃんと真っ平らで大きさがそろってないと、不安定となるので2人で押さえながらやる必要がありました。

あと、レシピにある「マシュマロ(ツイスト、円柱型) 適量」ですが、円形のマシュマロは煙突と門柱で2個しか使わないとか、
ラズベリーフリーズドライのもの)1個」とか余りまくりなのが目に見えていたので、
円形のマシュマロを並べてツイストの代わりにしたり、ラズベリーもマーブルチョコで代用しました。
実際のご家庭では結構工夫してやらないと材料に無駄が出そうだなとおもいました。
(実際我々もマシュマロや麦ふぁ〜など、あまった分も消費しないといけない)

もともと、スイーツって砂糖や油(バター)を大量に使いますが、
完成した段階で、今回のは屋根が食べられるかどうか不安になる量のアイシング。
まだ食べてないのに、ちょっと胸焼け気分。

とは言いつつも、久しぶりにスイーツ?を作ることができて楽しかったです。