aster_ismの工作室

FPGAとかマイコンとか

UARTを用いたZYNQとのファイル転送

会社で使用しているZYNQボード、使える通信手段がJTAGとUARTのみという悲しいもの。せめて、ethernetが使えれば簡単にファイル転送ができるのに……

ということで、UARTを使ってZYNQとデータのやり取りする方法について調べた覚書き。 なお、結論からいうと、Petalinux に入っている lrzsz を用いる。

続きを読む

Vivadoを使ったFlashメモリへの書き込み

開発環境はVivadoにほぼ移行したのに,未だにFlashへの書き込みはiMPACT(LabToolだけインストール)を使っているのが嫌になったので,すべてVivado上から行うための方法について調べた(覚え書).

参考としたのは,UG908 Vivado Design Suite ユーザーガイド プログラムおよびデバッグ *1

続きを読む

Vivado SimulatorによるDPI-Cシミュレーション

UG900 Vivado Logic Simulation*1 のAppendix E: Direct Programming Interface (DPI) in Vivado Simulatorを参考にC言語で書いたCSVファイルの読込み関数をAXI4 Lite のマスタIPで呼び出して,このCSVに従ってマスタが動作するようにします.

続きを読む

FlashAir使った非同期転送テスト

FlashAirがGPIOとして使えるらしいという話は聞いていたが,まったく弄ってなかったので先週のFPGAエクストリーム・コンピューティング第6回に外れた悲しさからブラウザ上からBASYS3の7セグに文字を表示するサンプルを作ってみることにした.

続きを読む

Xilinx Vivadoで上手にバージョン管理する方法

以前よりVivadoプロジェクトをバージョン管理したいと考えていた訳ですが、なかなか自分の開発フローに馴染まず諦めていました。

こんな感じで、バージョン管理をしたいというのはみんな思っているみたいなので、真面目に取りかかることに。

続きを読む

BASYS3でディスプレイ出力

BASYS3を秋月で購入したので,ディスプレイ出力のテストをしてみる.

続きを読む